スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
PARTHENON 『Mare Tenebris』 / Progressive Rock
Mare_Tenebris AMAROKのKeyがリーダーを務めるスペインのプログレバンドPARTHENONの『Mare Tenebris』。2005年発表。

 シンセによるキーボードワークが印象的な「Puentes Destruidos」での展開で見られるように、所謂ELPタイプの音でインスト曲中心。
 Vo.パートは平凡な感じもしますが、静かなリフレインから始まる「UTOPIA」のイントロ・間奏など中々ツボを押さえています。80年代のライブ音源は大量のスクラッチノイズなど音質敵に結構厳しいものがあります。女性Vo.も余り癖もなく全般的に完成度が高く安定して聴き易いアルバム。

『Mare Tenebris』8:21
『Utopia』5:09
『Madre Natura』5:08
『Puentes Destruidos』18:11
『Luces Y Colores』4:42
『Conversaciones Entre Diverasas Criaturas Del Infierno』7:24
~Archivos1980-1981~
『Utopia』5:34
『Madre Natura』5:37
『Conversaciones Entre Diverasas Criaturas Del Infierno』7:14
スポンサーサイト
【2006/05/20 01:23】 Progressive Rock | トラックバック(0) | コメント(0) |
Progressive Rock Review
索引 ★はオススメアーティスト
★Asturias AdrianoMonteduro ★Anekdoten Dunes  Fantasmagoria
FaustLeali Gotic IlCastelloDiAtlante  ★IlVolo ★LocandaDelleFate
Maxophone ★Mr.SIRIUS 桜庭統 π2(PI2) VladimirVaclavek V.A.
【2005/12/18 01:51】 Progressive Rock | トラックバック(0) | コメント(0) |
V.A. 『東京・シンフォニック・シンドローム』 / Progressive Rock
東京シンフォニックシンドローム 1980年頃の東京プログレシーンで活躍していたバンド達のオムニバスアルバム。

 アウターリミッツの塚本周成、杉本正、観世音の鈴木伸一、アクアポリスの竹迫一朗の四人によるメイドインジャパンセッションバンド。
ジャズロックバンドでクリムゾンを彷彿とさせるタイムユニット。
源平討魔伝等で有名な中潟憲雄率いるアクアポリス。
UKタイプで所謂和旋律と呼ばれているものを用いているグリーン。

 以上の四バンドの曲が一曲ずつ収録されています。グリーンの都を除けばどれも当時が伺える10分超の大曲志向。ただ、残念ながら古い音源と言うのも差し置いてもノイズも乗っており音が悪いです。しかし、CDアルバムとして出ていないバンドが収録されている貴重な音源。特にアクアポリスは後の中潟曲の原点と言える物で、印象に残るリフレインが特徴的なシンフォサウンドの良曲です。

メイド・イン・ジャパン・セッション・バンド『バビロニア』10:40
タイム・ユニット『ザ・クラップ』15:45
アクアポリス『"アクアポリス"組曲』16:18
グリーン『都』5:12
【2005/12/18 01:50】 Progressive Rock | トラックバック(0) | コメント(0) |
Vladimir Vaclavek 『Pisne Nepisne』 / Progressive Rock
pisne_nepisne.jpg チェコ・スロバキアのアーティストVladimir Vaclavekの1st『Pisne Nepisne』。2003年発表。

 非常に地味ではあるのですが、不要な音を削ぎ落とし洗練されているアルバムです。音としてはフォルムラ・トレの『神秘なる館』に近い印象でしょうか。心に染み入るアコースティック・ギターの弾き語りフォークが主体で、浮き上がってくる弦楽器も美しい。チェンバー風アレンジも所々施されています。胸の支えが取れていくような『Ptaci Herci (Bird Actors)』等、幽玄で幻想的な雰囲気すら漂わせた良盤。*Xavier Recordsさんで視聴も行えます*

『Sen (The Dream)』4:08
『V Nekterych Dusich... (In Some Souls...)』6:10
『Drakuv Let (Dragon's Flight)』7:26
『Blazen (Madman)』3:33
『Odlet Vlastovek (The Departure Of The Swallows)』5:35
『Ptaci Herci (Bird Actors)』10:00
『Pisnicka (Song)』5:41
『Shinanai』11:01
『Sedim Si (Sitting Pretty)』4:37
【2005/08/31 01:34】 Progressive Rock | トラックバック(0) | コメント(0) |
Fausto Leali e Il Volo 『Amore Dolce, Amore Amaro, Amore Mio(愛の物語)』 / Progressive Rock
ファウスト_レアーリ_愛の物語 Fausto LealiにイタリアのプログレバンドIl Voloがバックを務めた『Amore Dolce, Amore Amaro, Amore Mio』。1975年発表。

 基本的にはしわがれ声のファウスト・レアーリが歌い上げるカンタウトーレ物ですが、この作品の聴き所は何と言ってもヴォーロによるインストパートでしょう。Track3『Amore Dolce, Amore Amaro, Amore Mio』ではラディウスのギターのフライトが堪能でき、Track5『L'Ultima Volta』、Track6『Una Chiesa Di Alberi E Ginestre』での力強く歌い上げたレアーリの後からインストパートへの流れが実に素晴らしく、ビートの細かく、進行が実に巧みなインストパートでの美しさはまさに1st,2ndと続くイルヴォーロサウンドの延長上と言って良いでしょう。

 私的にヴォーロ好き故に、ヴォーロが目立つ部分にどうしても焦点が行ってしまいますが、歌物の曲もレアーリの声は非常に安定しているし明快で聴きやすいです。

『Il Volo Della Fartalla(蝶の飛翔)』3:47
『Brucia Il Paradiso(空を焦がして)』3:28
『Amore Dolce, Amore Amaro, Amore Mio(愛の物語)』5:01
『Una Grande Festa(祭り)』3:28
『L'Ultima Volta(最後の恋)』3:22
『Unachiesa Di E Ginestre(樹とむろのある教会で)』5:05
『Hey Psst Psst Donna(ヘイ・プシー・プシー・ドンナ)』2:55
『Dum Dum La La(ドゥム・ドゥム・ラ・ラ)』3:40
『Amore Vivo(愛よいつまでも)』2:51
『Ai Dedick Piu'(愛の言葉を捧げて)』3:11
【2005/08/12 08:19】 Progressive Rock | トラックバック(0) | コメント(0) |
ぬんぬっき


CALENDER
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
CATEGORY
  • Progressive Rock (17)
  • Live (13)
  • Asturias (14)
  • New Age (3)
  • Jazz (2)
  • 私事 (45)
  • 科学関連 (4)
  • Game (1)
  • 未分類 (1)
  • サイト内検索

    RECENT ENTRIES
  • Asturiasライブ(11/09)
  • 2008年8月に行ったライブ(11/09)
  • 2008年7月に行ったライブ(11/09)
  • 2008年6月に行ったライブ(11/09)
  • 2008年3月に行ったライブ(04/27)
  • RECENT COMMENTS
  • Magus(12/07)
  • nagiiro(12/07)
  • Magus(07/24)
  • kemukemu(07/24)
  • Magus(11/23)
  • nagiiro(11/16)
  • Magus(06/27)
  • RECENT TRACKBACKS
  • ぽちの丘:Asturias(05/12)
  • 豚犬殿下blog:Erie(=河井英里)を追加(08/05)
  • 社長の本音日記:スペースシャトル打上げ成功(07/27)
  • 健康ー寄り道散歩:『ナンバ歩き』で散歩してます。(06/20)
  • ARCHIVES
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (2)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (2)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年07月 (3)
  • 2006年06月 (3)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年01月 (2)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (1)
  • 2005年09月 (4)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年07月 (7)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (18)
  • 2005年04月 (19)
  • LINKS
  • -Music- Asturiasブログ
  • -Music- ザビエル・レコード
  • -Music- Tukiyo no piano
  • -Illust- Gallery T23
  • -Game- Child-Dream
  • -Game- SuperPlay!
  • PROFILE
    Magus
  • Author:Magus
  • 素晴らしい旋律を求めて東へ西へ。
    Magusです。

    私に連絡がある方はこちらまで
    *スパム対策しています。お手数ですが_を@にして送って下さい
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。