スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Asturias 『Circle in the Forest』 / Progressive Rock
circles.jpg ブログ初更新は私の心のアーティスト『Asturias』より
1stアルバム『Circle in the Forest』

 アーテックとランダムハウス共同開発、タイトーが販売した『ミネルバトンサーガ』という隠れた名作と名高いFCソフトがありました。詳しくは後日書くと思いますが、世界観の素晴らしさもさることながら、特に音楽はFC音源の良さを出し切っていると言っていい程の出来で、旋律の美しさが非常に印象深いゲームでした。

 当時は全く知らなかったのですがこの作曲者がAsturiasだったのです。
また、PC98のディガンの魔石、ダークレイス、獣神ローガス等も担当なさっており、最近ではニトロプラス作品などにも参加しているようです。ディガンの魔石のエンディングなんかにはサイコソニックとして、大山曜(Asturias)、津田治彦(新月)、西村太平(情報求む)と名前が確かにありますね。

 前置きが長くなってしまいましたが、このCircle in the Forestは1988年に発表。私はこのアルバムを今年の年始当たりに購入してから、3ヶ月ほどでもう100回近く聴いてたりしますが全く飽きがこなく常に新鮮に感じられるのは、構成もそうですが、やはりこの旋律にあると言えるでしょう。

『Ryu-Hyo』4:59
 いきなり美しいピアノのイントロから始まります。別世界に行っているような、胸から何かがこみ上げてくるような、そんな感覚のする曲です。次々と音色が増えていき、E.Guitarが主題を奏でる時は圧巻ですね。涙を無くして語れない名曲です。尚、4thアルバムでこの曲はAcostic編成でリメイクされています。
『Clairvoyance』5:20
 変拍子を意識した曲。当時の最新のサウンドを使用していたようなので、当時聴いたら新鮮だったのでしょうか。この曲自体は私的には余り好きではないのですが、次のAngelTreeへの流れとして大事な役割ですね。
『Angel Tree』4:53 from ディガンの魔石 『Abilia Hair』
 Clairvoyanceによる変拍子の不安感の後の、ゆっくりした曲です。ディガンの魔石では妻を助けて「あ・り・が・と・う」と言われるエンディングの一節で使用されていました。A.Guitarのメロディが心に染み入る落ち着く曲です。
『Tightrope』6:55
 タイトルの通りの曲です。中間部は綱渡りをイメージしているそうですが、上手く表現できていると思います。
『Circle in the Forest』22:21
 その構成力と旋律で時間の経過を感じさせない22分超の大曲です。こんな素晴らしい曲が廃盤になってしまって中々聴きにくいというのを非常に残念に思います。尚、私はYahooオークションでこのCDを購入しました。余りに素敵な世界が構築されています。
0:00~3:36 from ミネルバトンサーガ 『Title』
 まずは序章として前述のミネルバトンサーガのタイトル曲です。ゲームのファンとして感涙物ですが、それを差し引いてもやはり素晴らしい曲だと思います。音色を変えた正統派アレンジです。FC原曲の三角波高音部の良さを消していないようなシンセの音色選びが上手いです。
3:37~7:15
 4分26秒あたりから加速感を出し、ギターで一気に盛り上げてきます。
7:16~8:00
 2+4の6/8拍子のピアノとシンセ音を従えて、静かにたおやかに上野洋子が歌い上げます。やはり上野洋子の声は素晴らしいですね。
8:01~12:00
 8:00地点の展開には一寸無理があると思いますが、ここから8/8拍子になって散歩しているような陽気なパートへと入っていきます。途中で8/8→6/8→8/8にしたり12/8拍子になったりと、そういう意味でも面白いパートであると思います。
12:01~12:20
 12/16拍子のA.Guitarで盛り上げます。
12:21~15:19 from ディガンの魔石 『Euress』
 ディガンの魔石をやった方ならご存知だと思いますが、あの美しく物悲しい旋律がピアノで奏でられていきます。どうやったらこのような旋律が作れるのでしょうか。
15:20~22:21 from ディガンの魔石 『Cordarn』
 曲はいよいよクライマックスへと向かっていきます。印象的なドラムの中、E.Guitarと上野洋子のコーラスをバックにシンセがCordarnを奏でるところなど特に圧巻で、何度聴いても感動に打ち震えます。メロディを奏でるE.Guitarもガンガン泣きまくりです。ギターでもう一度Euressが奏でられた後、上野洋子の声の多重録音で曲は終わりを迎えます。

聴いた後に余韻に暫く浸っていたくなる素晴らしいアルバムです。
私の宝物。
スポンサーサイト
【2005/04/10 10:06】 Asturias | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<π2(PI2) 『The Endless Journey』 / Progressive Rock | ホーム | ブログ開設してみました>>
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://magus.blog7.fc2.com/tb.php/2-6c79b206
ぬんぬっき


CALENDER
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
CATEGORY
  • Progressive Rock (17)
  • Live (13)
  • Asturias (14)
  • New Age (3)
  • Jazz (2)
  • 私事 (45)
  • 科学関連 (4)
  • Game (1)
  • 未分類 (1)
  • サイト内検索

    RECENT ENTRIES
  • Asturiasライブ(11/09)
  • 2008年8月に行ったライブ(11/09)
  • 2008年7月に行ったライブ(11/09)
  • 2008年6月に行ったライブ(11/09)
  • 2008年3月に行ったライブ(04/27)
  • RECENT COMMENTS
  • Magus(12/07)
  • nagiiro(12/07)
  • Magus(07/24)
  • kemukemu(07/24)
  • Magus(11/23)
  • nagiiro(11/16)
  • Magus(06/27)
  • RECENT TRACKBACKS
  • ぽちの丘:Asturias(05/12)
  • 豚犬殿下blog:Erie(=河井英里)を追加(08/05)
  • 社長の本音日記:スペースシャトル打上げ成功(07/27)
  • 健康ー寄り道散歩:『ナンバ歩き』で散歩してます。(06/20)
  • ARCHIVES
  • 2008年11月 (4)
  • 2008年04月 (1)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年01月 (1)
  • 2007年12月 (2)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (2)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (2)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (2)
  • 2006年12月 (1)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年07月 (3)
  • 2006年06月 (3)
  • 2006年05月 (1)
  • 2006年04月 (2)
  • 2006年01月 (2)
  • 2005年12月 (4)
  • 2005年11月 (1)
  • 2005年10月 (1)
  • 2005年09月 (4)
  • 2005年08月 (3)
  • 2005年07月 (7)
  • 2005年06月 (12)
  • 2005年05月 (18)
  • 2005年04月 (19)
  • LINKS
  • -Music- Asturiasブログ
  • -Music- ザビエル・レコード
  • -Music- Tukiyo no piano
  • -Illust- Gallery T23
  • -Game- Child-Dream
  • -Game- SuperPlay!
  • PROFILE
    Magus
  • Author:Magus
  • 素晴らしい旋律を求めて東へ西へ。
    Magusです。

    私に連絡がある方はこちらまで
    *スパム対策しています。お手数ですが_を@にして送って下さい
  • RSS
  • 上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。